【※重要】ルール3.1へのアップデート

クロックワークメモリオンのルールが3.1にアップデータされました。



◆改正されたルール

・このターン召喚されたばかりのサクセサーは[速攻]を持たない限り移動できない。


【改正理由】

「召喚した時」と「移動した時」との組み合わせがただただ強力であり、今後カードプールが増えるにあたって「召喚」→「移動」の流れが一連の作業となる可能性を考慮し改正に至りました。


そこで、召喚されたばかりのサクセサーの移動を制限し、戦略や記憶に個性を持たせることにしました。


「召喚された時」

召喚してすぐに誘発する。緊急を要する時にはとても効果的だが、効果は一度きり。


「移動した時」

すぐに誘発しないが、継承することで次のターンより毎ターン誘発させることが可能。ただし、効果を発揮する前に破壊される可能性がある。


一部のコンボに影響し、プレイ時間が延びる可能性がありますが、4月に発売するブースターパックでは新ルールに沿った強力なカードが多数登場するので、結果プレイ時間は短縮されていくものと思います。


◆追加されたルール①

・+100/+100カウンターが置かれたサクセサーに-100/-100カウンターが置かれた場合、2つは消滅します。 例:+100/+100カウンターが2個置かれているサクセサーに-100/-100カウンターが1個置かれた場合、+100/+100カウンターが1個残る。


◆追加されたルール②

・【頑強】:ブロックする際、休息状態にする必要がなく、 可能ならば続けてブロックできる。


◆表記の変更

封印[攻] アタック不可

封印[防] ブロック不可

封印[移]移動不可

[突破]を加える[突破]を持つ

カウンター1つカウンター1個

手札に送る手札に加える


表記の変更によりいくつかのカードが更新されています。

新旧で混在することになりますが、能力に違いはありませんのでどちらもご使用いただけます。


以上です。


引き続きクロックワークメモリオンをよろしくお願いします。

47回の閲覧

MAKE PLAY SMILE

mazimax.gif
  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン
  • Instagram
  • YouTubeの

©2020 クロックワークメモリオン©TWINKLE ©MAZIMAX ENTERTAINMENT

logo.png